コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

Google Workspace for Educationつうしん by パイダゴーゴスつうしん Posts

GEG Toyono Monthly Newsletter: 2023/12

この度、大阪府豊能地区の3市2町(豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町)
中心として活動するGoogle 教育者グループ “GEG Toyono”を立ち上げました!

「ICTで教育をおもしろくする」「小・中・高の連携」「地域での教育実践の共有」を主軸にオンライン/オフラインでイベントを行います(*^◯^*)

活動の一環として、月一回はニュースレターを出すことにしました!
第2回は…「Google 認定教育者試験を受けてみよう!」

(*^◯^*)<よかったら読んでくださいね!
https://sites.google.com/view/gegtoyono/Top/monthly-newsletter

コメントする

Googleの「サイバーセキュリティガイドブック」を読んでみよう

市教育委員会のサーバー・端末がランサムウェア感染、タブレット授業を中止 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230531-OYT1T50092/

インターネットで世界中がつながるこの21世紀、誰の端末もサイバー攻撃とは無縁ではない。
それは教育用端末もそうである。
個人的には学校を狙うゴミカスなんざ焦熱地獄で七生終わるまで焼き尽くされて二度と転生してくんなksくらいに思っているのだが、
こちらもやはり戦うための基本的な知識は必要なわけで。

そこで、学校での管理に当たっておられる方々に是非目を通しておいてもらいたいのが、
Googleが2023年11月に作成した「サイバーセキュリティガイドブック」である。
https://services.google.com/fh/files/misc/k12cybersecurityguide-jp.pdf

使われている「サンドボックス」技術などで、もともとウイルス対策ソフトがいらず安全性が高いChromebookではあるが、
ただまあ使っている人の意識というのもやはり大きく、結構これまで学校で起きた情報関連のトラブルはヒューマンエラーが多かったりする。
例えば、今基本的に教育現場ではUSBメモリが使えないのだが、それは「すんなよ!!」って言われてるのに生徒の成績データをそれに入れてなくした人がいっぱいいたからなのね(ヽ´ω`)
あとはクラウドならではの問題だと、「アクセス権設定間違えて見せちゃいけないもの大公開」だとか。

学校での管理者は、多分どこの学校も「一般の教員が管理職にやってって言われてやってる」わけで、プロのエンジニアがやっているところは(マジ金持ちの私立以外)レアだと思う。
なので本来は教職員の業務とは違うわけだが、それでも知識をちょっと入れておくだけでだいぶ違ってくると思います
この冬休みにでも、ぜひ(・∀・)つ

Googleのセキュリティ関連の情報まとめページ
https://edu.google.com/intl/ALL_jp/why-google/privacy-security/

コメントする

GEG Toyono Monthly Newsletter: 2023/11

この度、大阪府豊能地区の3市2町(豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町)
中心として活動するGoogle 教育者グループ “GEG Toyono”を立ち上げました!

「ICTで教育をおもしろくする」「小・中・高の連携」「地域での教育実践の共有」を主軸にオンライン/オフラインでイベントを行います(*^◯^*)

活動の一環として、月一回はニュースレターを出すことにしました!
第1回は…「GIGAスクールの現在地…高等学校の現状」

(*^◯^*)<よかったら読んでくださいね!
https://sites.google.com/view/gegtoyono/Top/monthly-newsletter

コメントする

Google スライドにライブポインタが増えた!

ライブポインタで Google スライドでの共同編集がよりシームレスに
https://workspaceupdates-ja.googleblog.com/2023/09/google_27.html

なんかいつの間に増えてたのですが、つまり「他の人が動かしているポインタが名前入りで見える」機能です
これは「編集者」の権限が相手にあることが条件です

表示するときは、ツールバーの「表示」→「ライブポインタ」から!

こんなふうに見えます

このポインタを使って生徒の理解度チェックとかできないかなーと思ったのですが、
(生徒は理解度をあらわすエリアにポインタを移動→それがライブポインタで見える)
ただ、このポインタ、止まるとすぐ消えちゃうので…
こんな背景画像を作るだけは作ってみた

いつか使おう😖

なんかこの仕組みを使った教材を考えたいものです🤔

コメントする

あさってじゃん!サードパーティ製アプリ設定・要チェック😖

あっという間に秋ですね!そして今日は2023年10月21日
あさって月曜日、前々から通達されていたあの日でございます

2023 年 10 月 23 日までにサードパーティ製アプリの設定をご確認ください

そう、この日以降、セキュリティ向上のために
「18 歳未満として指定されているユーザーは、アクセス設定が確認されていないサードパーティ製アプリにアクセスできなくなる」
という設定がGoogle for Educationになされるのです(;・∀・)

サードパーティ製アプリとは、Googleの作ってないアプリ…と思っておけばいいのですが、
例えばわたくし愛用のQuizizzやFlip、それから国内大手のロイロノートなんかもそうですね
Google Classroomで配信する時、「Googleでサインイン」を使っていたのですが、
今回の変更ではそこに影響が…
つまり、「管理者が承認していないサードパーティ製アプリではGoogleサインインが使えない」ということになります😖
(なおこの「サードパーティ製アプリへのアクセスをユーザーに許可しない(デフォルト設定)」がデフォルト設定…)

では、これまで同様に、それらのアプリで「Googleでサインイン」を使い続けるためにはどうすればいいか…
学校のGoogle Workspace for Educationの管理者にそれらのサードパーティ製アプリを承認してもらうことが必要になります
まあ、「Googleでサインイン」を使わずに別の方法でそれらのアプリを使うことも可能なことが多いですが
(例えばロイロノートならロイロノートIDとパスワードでログインさせる、
QuizizzならクイズをGoogle Classroom連携ではなく普通に開始してそのURLを生徒に伝えて入らせる、など)
使う頻度が多ければ多いほど、そしてGoogle Classroomをそれらのハブとして使っていればいるほど、
「Googleでサインイン」を使いたいですよね…

と、いうわけで、

あさって月曜日、2023年10月23日から、
生徒がそれらのアプリで「Googleでサインイン」しようとした時
「管理者に連絡して」みたいなメッセージが出たらそういうことですので
管理者の方、よろしくお願いいたします!

(;・∀・)<うちはだいじょうぶかしら…

コメントする

【GAS】Google ドキュメントやスプレッドシート・スライドを必要な枚数コピーする

どうも、僕です(´・ω・)<文化祭に修学旅行がせまってきてすごく忙しいよ

修学旅行の班学習、紙で集めるのがめんどいから、生徒にGoogle Documentsで作らせるのです
こんなドキュメントを作りました

これをコピー(複製)するには、Google Driveでそのファイルを右クリック→「コピーを作成」

で、修学旅行の班はァ…1クラス10〜11班あってェ…
8クラスだからァ…85回これを繰り返してェ…


このクッソ忙しい勤務時間でんなもんできるかァ!!!!!

と、いうわけで、技術に頼ります
Google Apps Script(GAS)というのを使って、コピーをおまかせしましょう
まず、テンプレートとなるGoogle Documentsをひらき、そのURLに注目。

…/d/ と /editの間にある文字列をコピーします これがこのドキュメントのIDです

まずは1組用に10個作ります それぞれタイトルが「1組○班」っていうのではじまるようにします もともとのタイトル「77期修学旅行・タクシー研修プランシート」の前につけます

GASをつくります🤔 コピー元テンプレートと同じフォルダに作りましょう
「+作成」から、Google Apps Scriptを選択。

そうすると新規タブが開きます

もとからあるやつを消去します

そして、こいつを貼り付けます:

function copy_file() {
  var file_id = “さっきコピーした文字列をペーストします”;
  var file_number = 10; // コピーする数を半角数字で入れます

  var file_ref = DriveApp.getFileById(file_id); // ドキュメントのIDを用意して変数file_refに入れる
  var file_name = file_ref.getName(); // 変数file_nameはもともとのテンプレートについているタイトルにします

for(var i=0; i<file_number; i++){
  var name_newfile = “1組:” + (i+1) + “班” + file_name; // コピーされたドキュメントのタイトルに「1組○班」を付け加える(○は1〜変数file_number)
  file_ref.makeCopy(name_newfile) // そのタイトルをつけたドキュメントを作成
 }
}

で、先程コピーした文字列を、”さっきコピーした文字列をペーストします”に入れて、
ツールバー上の保存ボタンを押し、その隣の「実行」を押すと、

初回だけこんなウィンドウが出ます、許可してあげてください

そして…

テーレッテレー

…と、この通り!
なお、コピーしたドキュメントのタイトルは変数 name_newfileのところでいじれます
1, 2, 3…とコピーする文だけ増えていく数が (i+1)のところ、言葉を付け足したいときは”半角ダブルクォーテーション”
これを +(半角プラス)でくっつけてあげてください

同じやり方でグループワークのドキュメントやスプレッドシートも大量生産可能です✿

コメントする

【コピー可能】Google Jamboardで進路学習!「優先順位」Jam

台風一過でとても暑い(ヽ´ω`)<こんにちは

今日は探究的な学習の時間で使ったGoogle Jamboardをご紹介(*^◯^*)<コピーできます

就職でも、進学でも、大事なのは「何を自分は大切だと思うか」という価値観!
それを各自で整理し、シェアするという活動をしました

付箋に書かれた「選ぶ理由」を、自分にとって優先順位が高い順に並べ替え、
ペアの相手に説明する…という活動です
例えばこんな感じ!

もちろんここにある以外の理由を付箋で追加してもいいですね!
この活動では、自分の中でもなんとなく「いい会社」「いい学校」とぼんやり思っているものを明確化することが目的となっています(`・ω・´)

「就職先」と「進路先」の二種類あります!

就職先バージョン:

下のリンクからコピーできます、項目名など自由に変えてお使いください!
Google Jamboardをコピー↓(Google アカウントログインが必要です)
https://jamboard.google.com/d/1CBU0sLPBi35Vludy5oy1FANtW8BCefZleKPKIvEvSAg/copy
注・学校アカウントなどでは、管理者の設定によって「外部との共有を禁止」している場合があります
その場合は個人アカウント(〜@gmail.com)などでお試しください!

進路先バージョン:

下のリンクからコピーできます、項目名など自由に変えてお使いください!
Google Jamboardをコピー↓(Google アカウントログインが必要です)
https://jamboard.google.com/d/1zDKpIXyqP8EoF3eXvDC95yFOXI3REOK8uqojMf_ELTw/copy
注・学校アカウントなどでは、管理者の設定によって「外部との共有を禁止」している場合があります
その場合は個人アカウント(〜@gmail.com)などでお試しください!

コメントする

GEG Toyono Event No.3: 【秋待ち遠しい二学期の長月】Flipで動画を授業に!

この度、大阪府豊能地区の3市2町(豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町)
中心として活動するGoogle 教育者グループ “GEG Toyono”を立ち上げました!

「ICTで教育をおもしろくする」「小・中・高の連携」「地域での教育実践の共有」を主軸に
オンライン/オフラインでイベントを行います

第3回Online Eventを2023/8/27(日)20:00〜21:00に行います
教育用動画SNS・Flipのご紹介!
動画でのやりとりを授業に使ってみよう!

GEG Toyono Event No.3 : 2023/8/27(日)20:00~21:00
【秋待ち遠しい二学期の長月】Flipで動画を授業に!

日時:2023/8/27(日) 20:00〜21:00(予定)
場所:オンライン(Google Meet)
申込締切: 2023/8/25(金)

みなさまのご参加をお待ちしております!

詳しくはこちら、GEG Toyono Websiteよりどうぞ(*^◯^*)
申込みフォームはこちら

コメントする

GEGリーダーサミットに参加してきました(*^◯^*)

GEGリーダーサミットに参加してきました(*^◯^*)!

GEGとは、Google Educator Groups、つまり「Google教育者グループ」
地域の教育者がオンラインやオフラインの交流を通じて共に学び、情報を交換し、互いを高め合うためのコミュニティです!
↓のサイトを見てもらうと驚かれると思いますが、日本にもいっぱいあります☆
GEG Japanサイト

また、私自身も勤務校の地域とその近隣をカバーするGEG、GEG Toyonoをやっています
GEG Toyonoウェブサイト
(*^◯^*)<オンラインイベントを8/27にやるのでよかったらいらしてね!

そんな各地のGEGリーダーが集まるイベントが、このあいだ8/7に東京でありました!

ワークショップでいろんなテーマについてお話したりしました
私は「GIGAスクールのBefore After」のグループで…
・一人一台端末のリプレイス(新しい端末への入れ替え)を考える時期になってきた、どうする?
・例えばフィルタリングなどが授業でやりたいことの邪魔をする、有用なサイトのホワイトリストがあれば…
・児童生徒が自分で紙を使う・端末を使う・両方使う…など、自分自身で選ぶことができるようにしたい
…といったお話をしました
とても有用でした!

ちなみにこのGEGリーダーサミットでも話題に上がりましたが、GEGリーダーの有志でYouTubeチャンネルやってます(*^◯^*)
イベントの情報などを紹介していきます
ぜひぜひ(`・ω・´)チェックを!
Google教育者グループ情報局

コメントする

【コピー可能】クラス全員の意見を簡単に可視化・◯△✕オピニオンボード

(夏の暑さが)地獄だよ!!全員集合!!!

(ヽ´ω`)<僕、冬生まれだからただでさえ暑いのは駄目なのに…

夏休みです 2学期の授業の準備をしています
そこで授業で使おうと思って作ったのがこれ、「◯△✕オピニオンボード」です

「クラス全員の意見を聞く」いちばん簡単なのは「手を挙げさせる」ことですが、数えるのが面倒くさい。
「Google Formsを使う」のも手ですが、「同じトピックについて、何回も意見を聞く」
例えば、「成人が日本では18歳だが、飲酒可能年齢も18歳にすべきか?」という題材で、意見のやり取りなどで皆の考えも変わっていくだろう、その都度クラスの意見を聞きたい、という時。
何回もフォームで送ってもらうのも面倒(その都度回答データを消去しないといけないし)

なのでこれ、Google Spreadsheetで作ってみました!
生徒名もいらない、「出席番号」だけで事足りる!

こちらを生徒にGoogle Classroomの「課題」で配信し、生徒に開かせておいて、適宜「自分の意見を◯△✕で選んで〜」というだけ!
その際、このオピニオンボードの配信方法を「生徒がファイルを編集できる」にしておくことを忘れずに!

クラス全員の意見の状況が◯△✕・カラーでわかるので、全体のムードの移り変わりがわかります
また、「生徒名」を書くところはなく、◯△✕を選ぶだけですから、生徒の心理的負担も低くてすみます
ディベートやディスカッションなどでもご活用ください(*^◯^*)!

下のリンクからコピーできます、項目名など自由に変えてお使いください!
Google スプレッドシートをコピー↓(Google アカウントログインが必要です)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1_CFOniI0uM-c-xrwaIYxr-U7HgjKB_ITjRdtyv0UIu4/copy
注・学校アカウントなどでは、管理者の設定によって「外部との共有を禁止」している場合があります
その場合は個人アカウント(〜@gmail.com)などでお試しください!

コメントする