コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

カテゴリー: 01-G suite for Education全般

Google の生成AI・GeminiとGoogle Workspace for Education

実は、この間の2024年5月23日、ちょっとした出来事がありまして。
Google の生成AI・Geminiが、課金のアドオンとしてGoogle Workspace for Educationに追加されました!

ヾ(:3ノシヾ)ノシ いいな〜私らもRegina先生みたいに自分の仕事にGemini使いたいよぉ〜

Introducing Gemini offerings for Google Workspace for Education customers
https://workspaceupdates.googleblog.com/2024/05/Gemini-for-Google-Workspace-For-Education.html

まあ、課金アドオンですから、私の勤務地では難しいんですけど…(´・ω・)←公立高校勤務
ちなみに
Gemini Education…月間使用量制限付き、費用低め
Gemini Education Premium…さらに高度な機能が!

の2種類!

ですが、今のところは英語版(スペイン語、ポルトガル語は機能制限がありの状態で追加)のみが使えるので、
あんまり国内では話題にはなってない感じですね

それよりも、一番大きいのがGeminiの年齢制限

そう、18歳以上しか使えないってなってるんですよね。
ここを考えると、GIGAスクール構想でGoogle Workspace for Educationのシェアが日本国内で伸びたという事実があるにしても、
「生徒が使えない」「教員だけ」のためにGeminiアドオンを買うか?…ってなると、なかなか難しい選択肢かもしれません。

と、いうことで。
日本語版Google Workspace for EducationにもGeminiアドオンが来た場合、
まずは実践例は大学・短大・専門学校で出てくることになるでしょうね🤔

コメントする

【再掲】教職員のメアドを「名前やメアドの一部入力から検索」できるようにする(Google連絡先一括登録)

新年度ですので、明日から学校に新しい先生が来るじゃないか
そこで学校管理者の皆様これですよ、これ(*^◯^*)<というわけで過去記事の再掲です

Google for Educationでは、ファイルを共有するときに、「共有したい相手のメールアドレス」が必要です。
でも、同僚のメアドとかいちいち覚えていられません。多い学校なら7,80人いるし。
そこで、教職員のメアドを「名前やメアドの一部入力から検索」できるようにしてあげましょう!

まず、管理コンソールに入り、「ユーザー」から、「ユーザーをダウンロードします」からcsvファイルをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを編集、「First Name」「Last Name」「Email Address」の3列だけにします
UTF-8形式で保存することをお忘れなく!(これについてはまた別エントリで)
なお、管理コンソールからダウンロードすると、この3項目の項目名に [Required] というのがついていますが、
これは消しておいてください(連絡先のインポートで失敗する)

後は、google連絡先にはいり、左サイドバーの「インポート」で先ほどのcsvファイルを選ぶだけ!

ズビャッと全員入ります インポート時に特に指定していないと、インポート日がラベルとしてつくので、
年度替わりの時はその古いラベルを使って古い連絡先を一括削除もできます

そしてこの連絡先にメアドと名前が登録された相手は、googleドライブなどの共有でアドレス入力する際、

このように名前の一部だけで検索をかけてくれます!

このcsvファイルを作っておいて、みんなに自分でやってもらおう
googleドライブ内のデータは指定できないようなので、学校内共有フォルダにこのcsvファイルを置くか、
校務用PCなどセキュアな場所でcsvファイルをいったんダウンロードしてからインポートするよう指示しよう!

コメントする

Google for Educationより、「災害時の学びを止めないサポートブック」(暫定版)が出た

2024年1月1日に発生した能登半島地震に際して、Google for Educationより「災害時の学びを止めないサポートブック」(暫定版)が出されました。

https://services.google.com/fh/files/misc/gfe_kinkyu_supportbooklet.pdf?fbclid=IwAR1gL8M4RF-t7bop2w7_V4SAC_B_mpAGZ0meNMhddtkwcRmtDHPtJSW6fmo

「暫定版」と銘打たれておりそのうち正式版が出る予定とされていますが、
・Google Classroomでの教師-児童生徒間のやり取り
・Google Meetを用いたコミュニケーション

といったオンラインでの授業に基本的なことを網羅し、そのまま印刷し生徒に配布できる「生徒用使い方説明」のページもあります。
また、児童生徒のメンタル面へのフォローを入れるために便利な
・Google Formsを使ったアンケート(テンプレートあり)
・Google Chatを使ったやり取りの方法
・Google Calendarを使った面接予約
・Google Slidesを使った絵日記でのやり取り

なども説明されています。

さらに学校サイトの運営やオンデマンド動画をスクリーンキャストで作る方法など…

私事ですが、「能登」は私の両親の出身地であり、私の祖母や叔父一家など、血縁も大被害にあっています。怪我がなくて幸いでした。
「石川県」について金沢市のイメージを持っている人には多分想像があまりできないと思うのですが、「能登」…それも私の親戚が住んでいる「奥能登」にいくためには、交通網は海沿いの道路が基本です。
皆、車で移動しているのです。その道路が寸断され、移動すらままならない。集落は山の中や海沿いに点在している。
その道路を直し、そして物資を運ばねばならない以上、復旧には長い長い時間がかかります。
この国全体で支援を続けていく(今だけではなくて)ことが絶対に必要。

学校の校舎などへの修理が入るのはかなり掛かるでしょう。
それでも、オンラインで、能登の先生や児童生徒がやり取りしていく中で、つながりを感じられればと祈ります。

コメントする

Google for Educationが探求のためのサイトを作ってくれたぞ(・o・)

Google for Educationが探求のためのサイトを作ってくれたぞ(・o・)!

https://sites.google.com/view/edu-tankyu/top?authuser=0

Google サイトでできているのがご本家っぽい!
課題設定→情報収集→整理分析→まとめ・表現と、各段階に詳しい説明とコピー可能なGoogle スライドやルーブリックのGoogle スプレッドシートがついてくる!


バタフライチャートやピラミッドチャートなどの思考ツールがあるのもいいね(・∀・)!
必要なことがぎゅっとコンパクトにまとまっているので、校内研修や教委での研修などでも便利そう🤔

こういうサイトがあったらなあ…と思っていたものが爆誕したんだ(*^◯^*)
皆さんもぜひぜひご活用を!

コメントする

Google によりますHoliday Traditions(・o・)

クリスマスイブですね!
子供さんにはサンタクロースがやってきてプレゼントをくれるんだ(*^◯^*)

というわけで、この時期は「サンタトラッカー」という、「サンタさんがいま世界のどこでプレゼントを配っているの?」というのを
サーチできるサイトが出現するわけですが(メインは24日)、
Googleにもそれがあります!

Google Santa Tracker(英語)
https://santatracker.google.com/intl/en/
Google Santa Tracker(日本語)
https://santatracker.google.com/intl/jp/

小さな子どもさんが楽しめる簡単なゲームとかがあるのですが、英語の教師的に使えそうなのが(*´ω`*)<これ!
Holiday Traditions(英語)
https://santatracker.google.com/intl/en/traditions.html

ピンの刺さったところをチェックすると、その地域の年始年末の風習が英語で!
これを訳す、なんてのも面白い時間つぶしの活動になりますね(*^◯^*)
クラスで分担を決めて、訳してシェアするなんて活動もできそうです!

なお、日本には残念ながらピンがありません(´・ω・)
うーん、何でかな???

コメントする

Googleの「サイバーセキュリティガイドブック」を読んでみよう

市教育委員会のサーバー・端末がランサムウェア感染、タブレット授業を中止 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230531-OYT1T50092/

インターネットで世界中がつながるこの21世紀、誰の端末もサイバー攻撃とは無縁ではない。
それは教育用端末もそうである。
個人的には学校を狙うゴミカスなんざ焦熱地獄で七生終わるまで焼き尽くされて二度と転生してくんなksくらいに思っているのだが、
こちらもやはり戦うための基本的な知識は必要なわけで。

そこで、学校での管理に当たっておられる方々に是非目を通しておいてもらいたいのが、
Googleが2023年11月に作成した「サイバーセキュリティガイドブック」である。
https://services.google.com/fh/files/misc/k12cybersecurityguide-jp.pdf

使われている「サンドボックス」技術などで、もともとウイルス対策ソフトがいらず安全性が高いChromebookではあるが、
ただまあ使っている人の意識というのもやはり大きく、結構これまで学校で起きた情報関連のトラブルはヒューマンエラーが多かったりする。
例えば、今基本的に教育現場ではUSBメモリが使えないのだが、それは「すんなよ!!」って言われてるのに生徒の成績データをそれに入れてなくした人がいっぱいいたからなのね(ヽ´ω`)
あとはクラウドならではの問題だと、「アクセス権設定間違えて見せちゃいけないもの大公開」だとか。

学校での管理者は、多分どこの学校も「一般の教員が管理職にやってって言われてやってる」わけで、プロのエンジニアがやっているところは(マジ金持ちの私立以外)レアだと思う。
なので本来は教職員の業務とは違うわけだが、それでも知識をちょっと入れておくだけでだいぶ違ってくると思います
この冬休みにでも、ぜひ(・∀・)つ

Googleのセキュリティ関連の情報まとめページ
https://edu.google.com/intl/ALL_jp/why-google/privacy-security/

コメントする

あさってじゃん!サードパーティ製アプリ設定・要チェック😖

あっという間に秋ですね!そして今日は2023年10月21日
あさって月曜日、前々から通達されていたあの日でございます

2023 年 10 月 23 日までにサードパーティ製アプリの設定をご確認ください

そう、この日以降、セキュリティ向上のために
「18 歳未満として指定されているユーザーは、アクセス設定が確認されていないサードパーティ製アプリにアクセスできなくなる」
という設定がGoogle for Educationになされるのです(;・∀・)

サードパーティ製アプリとは、Googleの作ってないアプリ…と思っておけばいいのですが、
例えばわたくし愛用のQuizizzやFlip、それから国内大手のロイロノートなんかもそうですね
Google Classroomで配信する時、「Googleでサインイン」を使っていたのですが、
今回の変更ではそこに影響が…
つまり、「管理者が承認していないサードパーティ製アプリではGoogleサインインが使えない」ということになります😖
(なおこの「サードパーティ製アプリへのアクセスをユーザーに許可しない(デフォルト設定)」がデフォルト設定…)

では、これまで同様に、それらのアプリで「Googleでサインイン」を使い続けるためにはどうすればいいか…
学校のGoogle Workspace for Educationの管理者にそれらのサードパーティ製アプリを承認してもらうことが必要になります
まあ、「Googleでサインイン」を使わずに別の方法でそれらのアプリを使うことも可能なことが多いですが
(例えばロイロノートならロイロノートIDとパスワードでログインさせる、
QuizizzならクイズをGoogle Classroom連携ではなく普通に開始してそのURLを生徒に伝えて入らせる、など)
使う頻度が多ければ多いほど、そしてGoogle Classroomをそれらのハブとして使っていればいるほど、
「Googleでサインイン」を使いたいですよね…

と、いうわけで、

あさって月曜日、2023年10月23日から、
生徒がそれらのアプリで「Googleでサインイン」しようとした時
「管理者に連絡して」みたいなメッセージが出たらそういうことですので
管理者の方、よろしくお願いいたします!

(;・∀・)<うちはだいじょうぶかしら…

コメントする

ユニバーサルデザインフォントが使えるようになったよ〜

お〜い みんな〜

Google SlidesやDocumentsなどで、ユニバーサルデザインフォントが使えるようになったよ〜

ユニバーサルデザインフォント、UDフォントとは「文字の形が読みやすくわかりやすい」文字であります!
印刷物やウェブサイトの文字、フォントは、よく見ると色々な「飾り」がついていたり、「太さ細さ」があったりしてきれいなものです
しかしながら、そういった文字は、ある種「読みにくさ」もあったりします
読むのが不得意な人にはなおさら、子どもたちにはなおさらです
かすれて見えたり、ごちゃごちゃして見えたり…
そこを解決するのがUDフォントです!

UDフォントについて、詳しくはこちらをどうぞ(*˘◯˘*)

最近教材づくりでは、可能な限りユニバーサルデザインフォントを使っていました
そして、とうとう!この度Google系ツールでもUDフォントが追加されました(*˘◯˘*)!

フォントの追加の方法は、
まず、Google Documentsなどを開く
ツールバーのフォントを選べるリストから「その他のフォント」を選択!

フォントのリストが出てくるので、「文字:」から「日本語」を選択

フォントのリストから、「BIZ」「UD」のついているものをチェック(これがUDフォント)して、「OK」!

そうすると、ツールバーのフォント一覧にそのフォントが現れます!

ぜひご活用を(*^◯^*)

コメントする

爆誕!Google Workspaceを用いたオンライン授業マニュアル(お手製)!

新たなる4月に向けて presented by Y. MASHIMA…(*˘◯˘*)
オンライン授業をするためにGoogle Classroom/Google Meetなどを使うためのマニュアルです
(* ^◯^*)<とてもがんばったんだ!
欲しかったらごじゆうにダウンロードしてってください

2022/3/13 Ver.1.0 初版

オンライン授業マニュアル公開用

ダウンロードはこっちからどうぞ

編集可能なWord版はこっち

☆内容☆
オンライン授業の諸条件
機材とネットワークについて
取り組むべき学習の指示

解説
ハンドアウト・資料をpdfとして配布する/自作動画を配信する/Google Meetで授業を中継する

オンラインで提出する課題及び提出期限
小テストを課す/提出課題を出す/生徒に共同で作業させる(グループワーク)/
生徒に共同で作業させる・ツール別アイデア

質問方法
質問を受け付ける

資料① 教室各位置&Meet中継時の板書イメージ
資料② Meetの設定
資料③ Chromebookとプロジェクタの接続方法

<ご利用される方・情報担当/研修担当の方へ>
このオンライン授業マニュアルは、私が勤務する大阪府立学校で利用することを前提に作成していますが、
最初の3つの項目は各都道府県・各市町村・そして各学校でそれぞれ違うはずですので
ご自身の勤務校に合わせて編集してお使いください!

オンライン授業の諸条件
ここでは、各都道府県・各市町村・各学校で設定された「オンライン授業ガイドライン」に基づいて、オンライン授業に必要な決められた条件について書いてください
例えば、講義・課題の有無・質問方法など…

機材とネットワークについて
ここでは、各学校の保有する教員が使用可能な端末や、使用するネットワークやそのルールなどについて書いてください

取り組むべき学習の指示
ここでは、各学校で定められた、オンライン授業指示をどのように生徒に伝えるかの方法について書いてください
例えば「各課題の詳細はGoogle Classroomで」「おおまかな時間割は学校サイトで」など…

コメントする

東書EネットにGoogle Workspaceの小ネタ記事を載せていただきました

東書EネットにGoogle Workspaceの小ネタ記事を載せていただきました(*^○^*)

東京書籍様の教員のための教育資料・教育情報配信サイト「東書Eネット」にGoogle Workspaceの小ネタ記事を載せていただきました!

Google Classroomを使った3つの授業アイデア

無料会員登録で閲覧できます、3つのネタの詰め合わせです
かんたんなことでもぜんぜんいいんです、ガンガンGoogle ClassroomやGoogle Slidesをつかっていきましょう
(*^○^*)<ぜひぜひごらんください♡

コメントする